ジャンプネタバレ火ノ丸相撲最新202話「鬼丸が連敗」

ump-netabare-hinomarusumou-202
Pocket

本記事は、2018年7月23日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『火ノ丸相撲』最新202話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回201話では、鬼丸が刃皇相手に土俵際に追い込まれながらも必死にくらいついていましたね。

使えない右手で刃皇の下手をとり奮闘していました。

そして、最新202話では、改心した鬼丸がどういう相撲を刃皇相手にとるのか楽しみですね。

前回、鬼丸が土俵際に追い詰められていましたからね。

それでは早速、2018年7月23日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『火ノ丸相撲』最新202話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。


スポンサーリンク



漫画『火ノ丸相撲』前回の内容は「鬼丸国綱と刃皇、突破」

鬼丸のカオス状態の頭の中で・・・

自分の怪我の事も完全に忘れ・・

鬼丸がまさかの今まで使えないはずの右手を刃皇の回しに伸ばしました

刃皇裁判もそろそろ終結ですね。

法廷がまさかかなり燃えています。

選択に戸惑うことのないのが強みですが

駿海さんがこの子をかわいがるわけですね。

 

鬼丸は実直で、相撲に対して熱い・・・

だからこそとまれなかったのですねぇ。

刃皇から判決を言い渡しましょう。

相撲で周りを悲しませた罪は重い。

相手の出かた次第では鬼丸から相撲を奪う事さえ考えましたが

圧倒的に相撲を愛した鬼丸でしたから・・・・

 

執行猶予三年で完全に釈放という判決

刃皇は鬼丸の下手を切り、廻しを取ってから一気に寄ります!!

将来が見えない若者を先導するのも横綱の役割だとろうと刃皇は思っています。

そして、いつもながら自分には教育者としての才覚があると感じています。

鬼丸は駿海の言葉を想起しました。

 

前回はどうだったの?感想をご紹介

鬼丸が過去の自分と決別し全く新しい相撲をとっています。

今の鬼丸は自分自身で相撲を楽しんでいます。

鬼丸の動機が変わったそれを刃皇が見たかったし、レイナの願いでもありました。

もう自己否定する相撲は終わり、周りを悲しませないようにしようと決意します。

そのためにはまず鬼丸自身が幸せであることが必要だと気付きました


スポンサーリンク



漫画『火ノ丸相撲』最新202話「愛しているか 」

鬼丸は土俵際まで追い詰められた

刃皇は呆れ顔です。

もういいよ。

気持ちよく終わらせなさい!!

刃皇の胸に頭をつけ、綱に足をかけてなんとかこらえる鬼丸!!

刃皇の右手が鬼丸の首のうしろを掴みました!

刃皇
「君は少し あきらめるというのを身につけた方がいい・・・」

刃皇は左手で首、右手でまわしを掴んでの投げ!!

レイナが叫びます。

「火ノ丸ーーー!!」

鬼丸は踏ん張って何とか持ちこたえようとしますが・・

鬼丸
「ちきしょう・・

またか・・」

 

刃皇に投げられて鬼丸の背中が土俵に

鬼丸は、電話で母の不幸の知らせを聞いたときを思い出しました。

またワシは・・・

間に合わないのか・・・

土俵上で呆然としていて、鬼丸は叱られました。

その姿を見ている刃皇ですが

(う~ん・・

思っていた以上に闇を抱えていたようだな・・・

まぁ鬼丸の命がまだあるだけで問題が解決した訳でもない・・・

だが私にできるのはここまでた。

後は俺は知らない。

これを機に自分を成長させれるかはあなた次第ですよ。

土俵上の鬼丸の敗北した様子を見て由美は

少しの間気持ちをきりかえれないかもしれないねといいました。

そして横席で感涙しているレイナの背中をさすり

「そんなときあなたが一緒になって下向いてたらだめよ。」

気の抜けたような顔をして土俵を鬼丸が降りて生きます。

去って行く刃皇の背中を見ていた・・・

どうして・・

みんないなくなる・・・

みんな・・・

いなくなる・・・

駿海さんも・・・

母ちゃんも・・・

その後、鬼丸は家路にどのように帰ったのか全く思い出せませんでした。

また、何をして過ごしたかもです。

 

次の日が、九月場所三日目

鬼丸の相手は数珠丸です。

鬼丸は集中しろと度々自己対話をします。

これ以上誰かに負ける訳にはいかないと

鬼丸立ち遅れてしまい、一気に寄り切られて負けてしまいました。

これで二敗目です。

正直今場所の刃皇が二敗するとは想像できません。

鬼丸、早くも優勝争いから遠ざかってしまうのでしょうか。

その日の夜・・・

鬼丸は自分の部屋から一歩も出ません。

レイナがドアの外から心配して声をかけます。

いつまでそうしているつもりなの?

そうやって閉じこもってたら勝てるようになるの?

鬼丸は答えません。

そんなレイナに

大河内、白狼、星野が話しかけます。

今は1人の時間をもたせたほうが・・・

こういう時は誰とも顔を合わせたくないものです。

白狼
「そうだよ。

女は引っ込んでろよ。」

レイナは言い返す。

そうやって今まで触れなかったからこの有り様なんでしょうが・・・」

レイナの気迫に言い返せない三人。

レイナは火ノ丸に問い続けます。

あんたが何も言わないから、何を考えているかも分からない・・・

こんな事になるんならどうして私と付き合ったりしたのよ・・・

鬼丸がようやく重い口を開きました。

「確かにな・・・

今の俺の覚悟じゃ・・・

全部を断ち切る事も出来ずに・・・」

俺といても楽しくないだろうから今日はもう帰れとレイナに言いいました。

関連記事:ジャンプネタバレ火ノ丸相撲最新203話「柴木山親方の火ノ丸への想いとは」

漫画『火ノ丸相撲』ネタバレ・感想一覧はこちら

 

最新202話を読んでみた感想

レイナ超かっこいいなあ

刃皇がじきじきに火ノ丸に語りかけていたのをレイナも感じたのでしょうね。

やはり当然ですが、相撲取りは体で分かり合う方がいいんだと。

この対話が今後はどんなものになるでしょうか。

楽しみです。


スポンサーリンク



漫画『火ノ丸相撲』最新202話「愛しているか 」に対するみんなの意見・考察は?

 

漫画『火ノ丸相撲』最新刊を今すぐ無料で読むには?

火ノ丸相撲 ネタバレ 199

漫画『火ノ丸相撲』最新刊を今すぐ無料で読むならU-NEXT BookPlaceがオススメです!

U-NEXT BookPlaceを利用するメリットとしては、

  • 雑誌は70誌以上が読み放題
  • 雑誌はダウンロードしておけるので、オフライン環境でも読めます
  • サービスを複数人で利用する事も可能
  • 無料でコミック・電子書籍が読める作品がある
  • 会員の方には、毎月ポイントがプレゼントされます
  • 立ち読み機能もあり、20~30ページ読める作品もあります
  • 無料トライアルキャンペーンもあり、最新刊を無料で読むことも可能

何にせよ、現在31日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。

このキャンペーンもいつまで実施しているのか分からないため、是非お早めに利用してみて下さいね!

>>U-NEXTを利用する<<

 

まとめ

2018年7月23日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『火ノ丸相撲』最新202話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

今回は鬼丸が刃皇に負けちゃいましたね。

刃皇との決着がつきましたし、また次の日には、次の対戦相手にも負けて2敗目をきしてしましたね。

前日のショックからあっさり負けてしまいましたね。

最後には、レイナが火ノ丸を半ば無理やりホテルに連れて行き意気地なしと言ってましたが、レイナがどんな行動にでるかが鍵を握るのかもしれませんね。

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事

jump netaabre hinomarusumou 196

ジャンプネタバレ火ノ丸相撲最新196話「水入り後は赤丸が優勢」

jump-netabare-hinomarusumou-200

ジャンプネタバレ火ノ丸相撲最新200話「鬼丸が相撲を取る理由」

火ノ丸相撲 ネタバレ 203

ジャンプネタバレ火ノ丸相撲最新203話「柴木山親方の火ノ丸への想いとは」

火ノ丸相撲 ネタバレ 199

ジャンプネタバレ火ノ丸相撲最新199話「刃皇裁判が開廷」

火ノ丸相撲 ネタバレ 204

ジャンプネタバレ火ノ丸相撲最新204話「火ノ丸の母親からのメッセージ」

火ノ丸相撲 ネタバレ 201

ジャンプネタバレ火ノ丸相撲最新201話「刃皇裁判の判決とは」